視力回復を達成してもトレーニングを続けよう

視力回復を達成してもトレーニングを続けよう

おそらく大半の人が視力が回復したら、もう視力回復トレーニングからは解放されたいと思っているのではないでしょうか?

長い期間をかけて毎日地道にコツコツとトレーニングをしてきた人は、特に強くそう思っていることでしょう。

しかし視力が回復しても毎日少しの時間でもよいので、視力回復トレーニングを続けていくことをおすすめします。

せっかく生活リズムに溶け込ませ、習慣化した視力回復トレーニングを突然ピタリとやめてしまうのも、もったいないような気がしますし、まだまだ油断は禁物です。

今後は、視力改善から視力悪化の予防という目的で視力回復トレーニングを行っていくようにしましょう。

そして今まで視力が回復することだけを強く願い、あまり心にゆとりのないピリピリとした感じで視力回復トレーニングを行ってきたと思います。

しかしこれからは、もう視力は回復しているのですから心に余裕をもって、力を抜いてゆったりとした気持ちで毎日少しずつトレーニングを行っていきましょう。

また視力は改善しても新しい視力に合わせて、屈折度数が改善されるのに2〜3ケ月はかかるそうです。

ピント調節機能である毛様体や虹彩が改善されても屈折度数が改善しない限りは、まだまだ安心することはできません。

また悪化してしまう可能性は大いにあります。

視力が回復しても、これまでほど力を入れる必要はありませんが、変わらず生活習慣の一部として視力回復トレーニングを行っていくようにしてほしいものです。

仕事でパソコンをずっと使っていて目が疲れている人は、眼精疲労になる前に、ブルーベリーのサプリを使ってみましょう。

ちゃんと続けられる眼精疲労サプリを選びましょう。

posted by 視力回復 at 08:00 | 視力回復トレーニング法

医者は視力回復トレーニングに否定的?

医者は視力回復トレーニングに否定的?

今、視力回復トレーニングが人気を呼んでいる中、医者は視力回復トレーニングに否定的です。

「視力回復トレーニングなどで視力が回復することは絶対にありえない!100%ない!」と断固として否定している医者もいます。

しかし実際には視力回復トレーニングで視力が回復している人はいますので、100%ないということもないのです。

では、なぜ医者は視力回復トレーニングに対して否定的なのでしょうか?

おそらく、医者の言葉で視力回復トレーニングをこれから行おうか、どうしようか迷っている人もいることでしょうから、否定的になるその理由について、いくつかあげてみたいと思います。

ぜひ参考にしていただき、自分にとってベストな視力回復方法を選ぶようにしてください。

◆実は「視力」についてはあまり詳しく知らない

日本の眼科は「眼」の病気を見る場所であり、「視力」の低下を見るところではありません。
ちなみに海外では、眼の病気を見る眼下とは別に、視力を専門的に見る機関があるそうです。

また眼科では、視力は「裸眼視力」のことではなく、「矯正視力」のことを意味するそうです。
よって眼科では、患者の裸眼視力などには関心はなく、矯正視力をいかに良く出すかを第一に考えているのです。
このようなことから、医者は実は視力についてはあまり知識はない為に否定的になっているのだと考えられます。


◆本当は回復すると思っていても立場上軽々しく「視力は回復します」と断言できない

もし視力回復トレーニングで回復すると認めたら、医者(=自分)は必要ないことになりますので、否定的になるのです。


◆医者は眼鏡、コンタクト業界との間につながりがある

視力が悪くなると、特に治療も行わずに「眼鏡をかけて下さい」とよく言われます。
しかし視力が悪くなりかけの程度ならばまだ視力が回復する余地は十分にあります。
なのに、メガネを強くすすめるというのは少しおかしいような気がしますよね。
おそらく、眼鏡やコンタクト業界との間に複雑なつながりなどがあるのでしょう。それでつい否定的になるのです。


以上のように医者が視力回復トレーニングを否定する理由をいくつか述べましたが、もちろん他にも理由はまだたくさんあります。

どの視力回復方法を選択するかはその人次第ですが、医者が一番正しい!と思うのでしたら、あれこれ手をつける前に病院へ行くことをおすすめします。

視力回復トレーニングを試してみようという人は、長い道のりかもしれませんがとりあえずやってみないことには回復するかどうかはわかりません。ぜひがんばってください。

視力回復トレーニングは視力だけでなく、忍耐など人間の内面的な部分も改善することができますし、生活環境なども改善することができて良いことばかりです。

医者の言うことも100%違うとはいえませんが、視力回復トレーニングは、ぜひおすすめしたい視力回復方法です。



posted by 視力回復 at 08:00 | 視力回復トレーニングとは

「まばたき」も視力回復トレーニング

「まばたき」も視力回復トレーニング

私達は無意識のうちに1日に何度もまばたきをしています。
まばたきなんてするのが当たり前、という風に簡単に考えていませんか?
しかしまばたきをあなどってはいけないのです!
まばたきは、目にとってとても重要な働きをしています。

まばたきは、眼球周辺の血液の流れを良くし涙の分泌を促し、瞳に栄養を与えたり、ドライアイを防いだりするなど、目にとって重要な役割を果たしているのです。

まばたきは毎日数え切れないほどしていますが、目が緊張している時はまばたきの回数が少ないそうです。
例えば、パソコンの画面などを見ている時がそうです。パソコンの画面を見る時は、凝視みたいになっていて、通常の生活している時よりもまばたきの回数がだんぜん少なくなっています。
VTD症候群で悩んでいる人は、まさにまばたきが少なく、ドライアイになっています。

まばたきをして損はありません。むしろいいことばかりです。
これからは、意識的にまばたきをどんどんやっていくようにしましょう。

どんな努力家の人でもやはり、今日は仕事で疲れて視力回復トレーニングという気分ではないなぁという日もあるのではないですか?
そんな日は5分だけのプチ視力回復トレーニングくらいにしておきましょう。
たとえ毎日長時間トレーニングをしたとしても、ダラダラと集中せずに行ってはなんの効果もありません。
しかしその5分もできないくらいバテていることもあるでしょう。そんな日は、まばたきだけの視力回復トレーニングをおすすめします。

まばたきは視力回復トレーニングのうちのひとつともいえます。
このまばたきというトレーニングを行うのと行わないのとでは目の状態は全然違います。
深呼吸しながら、目だけに意識を集中させながらゆっくりとまばたきをしましょう。
これを数回行うだけでもずいぶん目の状態は違います。
ごく短時間でも視力回復トレーニングを行った時と全く何も行わなかった時とでは、次の日の罪悪感のようなものは全然違うと思います。
きっと実行した日の翌朝は、スッキリとした目覚めで朝を迎えることができることでしょう。



posted by 視力回復 at 08:00 | 視力回復トレーニング法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。